16.20 - READロックおよび取り消されたロールバック操作 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

RcvManagerユーティリティを使用してトランザクションのロールバックを取り消す場合、システムはロールバックが取り消された基本テーブルに無効というマークを付けます。その結果、テーブルは更新できなくなります。いくつかの制約がありますが、LOCKING FOR READ OVERRIDE修飾子を指定する場合、無効な基本テーブルの行を調べることができます。

次のルールは、LOCKING FOR READ OVERRIDE修飾子を使用する際の制約について説明しています。
  • この修飾子を使って、単一の実テーブルからの読取りのみ行なえます。複テーブルの操作を実行しようとすると、エラーが返されます。
  • 単一の基本テーブルに対するロールバックが取り消されているかどうかにかかわらず、そのテーブルにLOCKING FOR READ OVERRIDEを指定することができます。
  • 最適化ルーチンはインデックスのみを使用して有効な基本テーブルを読み取ります。LOCKING FOR READ OVERRIDEを使用して無効なテーブルにアクセスする場合、システムは常にフル テーブル スキャンを使用します。