16.20 - RPPIテーブル上でのUPDATE(Upsert形式)リクエストの使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
以下のルールは、プライマリ インデックスがある行パーティション テーブル上でのUPDATE(upsert形式)リクエストの使用時に適用されます。
  • 行パーティションを使用する結合インデックスにインデックス行が挿入される基本テーブルへの更新時に、そのインデックス行のパーティション式の結果が、1とそのレベルに定義されたパーティション数の間の値になる必要があります。それ以外の場合、Teradata Databaseはリクエストをアボートし、エラーを返します。
  • 行パーティションを使用する結合インデックスでインデックス行の更新が行なわれる基本テーブル行への更新時に、更新後のインデックス行のパーティション式の結果が、1とそのレベルに定義されたパーティション数の間の値になる必要があります。それ以外の場合、Teradata Databaseはリクエストをアボートし、エラーを返します。