16.20 - 予期しない行長エラーの理由: グループ分けのための行のソート - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
要求元に返す行をグループ分けするためのソート操作を実行する場合、Teradata Databaseにより、事前にソート キーが作成され、ソートされる行に付加されます。その一時データ構造の長さがシステム上の行長制約の64 KBを超えると、その操作から要求元にエラーが返されます。表示されるメッセージは、状況に応じて以下のいずれかとなります。
  • データ行が長すぎます。
  • database_object_nameの最大行長を超えました。

これらのメッセージについては、<Teradata Vantage™ - データベース メッセージ、B035-1096>を参照してください。

指定のフィールドをソートするために作成されたソート キーの最初の4096バイトしかBYNETによって検出されないため、ソート キーのベースになっているフィールドが4096バイトより大きいと、そのキーは切り捨てられるので、所定の順序でデータが返されるとは限りません。