16.20 - expression - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

column_nameで指定された列の新しい行に挿入される定数、または定数式を指定します。定数式とは、定数だけの入った式です(たとえば、3+5、または19000/12)。

UDT列に挿入する場合、expressionには、必要なコンストラクタを持つ適切なNEW式と、ドット表記を使用して指定したミュテーター メソッドを含めます。詳細は、<Teradata Vantage™ SQL演算子およびユーザー定義関数、B035-1210>を参照してください。

システム値のCURRENT_DATE、DATE、CURRENT_TIME、TIME、およびUSERは、定数式に組み込むことができます。また、DEFAULT関数を使用してデフォルト値を列に挿入することもできます。

expressionの値としてキーワードのNULLを指定することによって、NULLを挿入することもできます。

USING修飾子を使用してインポートされたデータ、またはマクロ パラメータとしてインポートされたデータから取得した値は、'定数'として受け入れられます。

列名のリストを指定しないと、値の挿入順序は、列の定義の順序(左から右へ)に従います。列をスキップすることを示すには、カンマを使用してください。例: 順序付き入力の挿入を参照してください。

値を列にマッピングするときに派生PERIOD列の位置はスキップされます。

列名のリストと式のリストを使用する場合、それぞれの値は、column_nameの位置とexpressionの位置を一致させて指定します。2つのリストの項目の数は、同じでなければなりません。

式リストの要素は、省略されるとNULLとして扱われます。これは、ANSI SQLでは無効です。

派生PERIOD列の値を指定することはできません。