16.20 - ロケータ モード - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

ロケータは、クライアントからサーバー アプリケーションにLOB値参照を渡すか、またはLOB値自体を渡さずにユーザー定義関数を渡します。その目的はメッセージ トラフィックを最小限に抑えて、処理中のシステムのパフォーマンスを拡張することです。LOBデータを要求する問合わせには、LOBデータ自体ではなく、LOBデータへのロケータを含む中間結果が伴っています。

後続のリクエストでロケータをパラメータとして使用する場合、その結果は関連したLOB値が直接使用されている場合と全く同じになります。ロケータは、LOB値が有効な、ほとんどの文脈で使用できます。

ロケータはSQL問合わせの結果セットでインスタンス化され、アプリケーション独自のメソッドによってアプリケーション プログラムまたはUDF変数にバインドされます。

ロケータを使用できるのは、それが作成されたセッションの限られた時間内です。正確なライフ スパンはそれぞれのアプリケーションによって異なります。