16.20 - GROUP BY句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

1つまたは複数の列、あるいは指定された列式に対する拡張したGROUP BY演算により、結果行をグループ分けします。

GROUP BY TIME句の詳細については、<Teradata Vantage™時系列テーブルおよび操作、B035-1208>を参照してください。

構文



構文要素

GROUP BY
このキーワードの後に選択式リストの1つまたは複数の式の参照が続くことを指定します。
ordinary_grouping_set
文によって返される行をグループ分けする列式を指定します。
grouping式にBLOB列、CLOB列、Period列、ARRAY列、VARRAY列XML、またはJSON列を指定することはできません。
ordinary_grouping_setに次を含めることができます。
  • column_name
  • column_position
  • column_expression
以下の式の定義については、Ordinary Grouping Set式を参照してください。
empty_grouping_set
引数を持たない、隣接するLEFT PARENTHESIS, RIGHT PARENTHESISのペア。 この構文を使用して総計をリクエストし、つまり、非集計データの合計ではなく、すべての個々のグループの合計を集計します。
総計という用語は、以下を参照します。
rollup_list
結果行を単一の次元の1つ以上の詳細レベルで報告するROLLUP式。詳細については、ROLLUPグループ化セットオプションを参照してください。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
cube_list
結果行を複数の次元の1つ以上の詳細レベルで報告するCUBE式。詳細については、CUBEグループ化セット オプションを参照してください。
式は、BLOB、CLOB、ARRAYまたはVARRAYのタイプがある結果行をグループ化できません。
grouping_sets_specification
結果行を次のいずれかの方法で報告するGROUPING SETS式。
  • 単一の次元(完全なROLLUPを指定しない)
  • 複数の次元(完全なCUBEを指定しない)
詳細については、GROUPING SETSオプションを参照してください。

ANSI準拠

GROUP BY句は、ANSI SQL:2011に準拠しており、さらに機能が拡張されています。