16.20 - 例: HAVING句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例は、SELECTリスト内に定義された単一の集約の結果に使用されるHAVINGの使い方を示しています。これは、SELECTのサブクエリーの中で特に役立ちます。

     SELECT COUNT(employee)
     FROM department
     WHERE dept_no = 100
     HAVING COUNT(employee) > 10;

次のSELECT文も、HAVING句の正しい使い方を示した例です。

     SELECT SUM(t.a)
     FROM t,u
     HAVING SUM(t.a)=SUM(u.a);
     SELECT SUM(t.a), SUM(u.a)
     FROM t,u
     HAVING SUM(t.b)=SUM(u.b);
     SELECT SUM(t.a)
     FROM t,u
     HAVING SUM(t.b)=SUM(u.b)
     AND    u.b = 1
     GROUP BY u.b;