16.20 - リクエスト キャッシュ参照のEXPLAINレポートに対する影響 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

リクエストでUSINGデータを指定する場合、またはDATEまたはCURRENT_DATE組み込み関数を指定する場合、もしくはその両方を指定する場合、リクエスト キャッシュ参照を起動することができます。<Teradata Vantage™ SQLリクエストおよびトランザクション処理、B035-1142>を参照してください。この場合、EXPLAINテキストはピークされたリテラル値を示します。

USINGデータを指定しない場合、またはUSING変数、DATE値、またはCURRENT_DATE値が参照されない場合、もしくはその両方が参照されない場合、生成された計画と生成されたEXPLAINテキストのいずれにも影響はありません。

USINGリクエスト修飾子を使用しないで、CLIv2データ パーセル フレーバー3 (Data)またはCLIv2パーセル フレーバー71 (DataInfo)のいずれかを使用して指定された、パラメータ化されたリクエストは、次のリクエスト修飾子または文のいずれかを使用して説明できないことに注意してください。
  • EXPLAIN
  • DUMP EXPLAIN
  • INSERT EXPLAIN

データ パーセル形式の詳細については、<Teradata® CLI V2リファレンス-メインフレーム接続システム、B035-2417>または<Teradata® Call-Level Interface Version 2リファレンス - ワークステーション接続システム、B035-2418>を参照してください。