16.20 - 例: パーティション列についての等号制約のある行の削除 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

これは、パーティション列についての等号制約のある行の削除の例です。パーティション レベル ロックにより、すべてのAMPパーティション範囲ロックが設定されます。パーティション範囲には、単一のパーティション ペアが含まれています。

この例のテーブル定義は、以下のとおりです。

  CREATE TABLE HLSDS.SLPPIT1 (PI INT, PC INT, X INT, Y INT)
    PRIMARY INDEX (PI)
    PARTITION BY (RANGE_N(PC BETWEEN 1 AND 10 EACH 1))

DELETE文のEXPLAINは、パーティション ロックを示します。

  Explain DELETE HLSDS.SLPPIT1 WHERE PC = 10;
  1) First, we lock HLSDS.SLPPIT1 for write on a reserved rowHash in a
      single partition to prevent global deadlock.
  2) Next, we lock HLSDS.SLPPIT1 for write on a single partition.
  3) We do an all-AMPs DELETE of a single partition from HLSDS.SLPPIT1
      with a condition of ("HLSDS.SLPPIT1.PC = 10"). The size is
      estimated with no confidence to be 1 row.  The estimated time for
      this step is 0.03 seconds.
  4) Finally, we send out an END TRANSACTION step to all AMPs involved in
      processing the request.