16.20 - 優先順位をカスタマイズするための括弧の使用 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

優先順位を上書きするには、括弧を使用します。括弧内の操作が最初に実行されます。

例えば、次の形式を考えてみましょう。

   ( ( SELECT statement_1 
       UNION 
       SELECT statement_2 )
   EXCEPT
     ( SELECT statement_3 
       UNION 
       SELECT statement_4 )
   )
   EXCEPT 
   SELECT statement_5 
   INTERSECT 
   SELECT statement_6;

上の例の操作上の優先順位を、以下のリストで説明します。

  1. SELECT statement_1と SELECT statement_2の論理和をとる。
  2. SELECT statement_3と SELECT statement_4の論理和をとる。
  3. 2番目のUNIONの結果を、最初のUNIONの結果から差し引く。
  4. SELECT statement_5と SELECT statement_6の論理積をとる。
  5. UNION操作の残りから、INTERSECTの結果を差し引く。