16.20 - 非同期および同期アボート ロジック - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

SQL CLI外部ストアド プロシージャは、非同期アボートを発行できます。通常、クライアント アプリケーションが非同期アボートを発行した場合、システムはTeradataプラットフォームでトランザクションをアボートし、アボート成功メッセージがクライアント アプリケーションに送信されます。ただし、システムはSQL CLI外部ストアド プロシージャに対してこの処理を実行できません。システムはトランザクションをロールバックして(トランザクションがある場合)、クライアント アプリケーションにまったく影響を与えずにSQL CLI外部ストアド プロシージャにアボート ステータスを返す必要があります。

ただし、副作用として、クライアント アプリケーションに保留トランザクションがある場合、そのトランザクションはなくなります。ルールとして、トランザクションの内部でCALLリクエストを発行するようにアプリケーションを記述しないでください。ただし、ストアド プロシージャが非同期アボートを発行しないことがわかっている場合を除きます。

これと同じ問題がストアド プロシージャの同期アボート ロジックにも当てはまります。