16.20 - 例: 複文リクエストでのDELETE ALL - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次のBTEQリクエストのDELETE ... ALL文は高速パス削除処理を呼び出します。これらの文は、複文リクエストとして組み合わせされています。そのため、Teradataセッション モードでは暗黙のトランザクションとして処理されることに注意してください。DELETEはリクエストの最後の文であることに注意してください。

     SELECT *
     FROM DBC.log_on_off_v
     WHERE log_date = DATE
     AND   user_name = 'Administrator'
    ;SELECT log_time, user_name, event, account_name
     FROM DBC.log_on_off_v
     WHERE log_date = DATE
     AND   user_name NOT IN ('Administrator', 'SecAdmin', 'Oper')
    ;SELECT log_time, event, logical_host_id, pe_no
     FROM DBC.log_on_off_v
     WHERE log_date = DATE
     AND user_name = 'Oper'
    ;DELETE FROM DBC.log_on_off_v ALL ;

ANSIセッション モードでは、COMMIT文はDELETEリクエストの後になければなりません。上の例の最終行は、次のようにすることができます。

     DELETE FROM DBC.log_on_off_v ALL ;
     COMMIT;