16.20 - DELETE文で相関SUBQUERYを使用するためのルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
次のルールは、DELETE文で使用されている相関サブクエリーに適用します。
  • DELETE文では、結合テーブルを指定した場合、そのDELETE文で参照されるすべてのテーブルをFROM句に指定しなければなりません。これには、削除されるテーブルも含まれます。

    この場合、削除されるテーブル名を指定するためにtable_nameを追加しなければなりません。

  • すべての相関名をFROM句で定義しなければなりません。

    相関名は範囲変数および別名と言われることがあります。

  • 削除するテーブルの名前に対する相関名をFROM句に定義した場合には、(元の名前ではない)この相関名をDELETEキーワードの後のtable_nameとして使用しなければなりません。
  • 内問合わせ列の指定で外のFROM句テーブルを参照する場合、その列参照を完全修飾しなければなりません。
  • 結合テーブルを削除する指定をしていない場合には、FROM句の前のtable_nameはオプションです。

相関subqueryも参照してください。