16.20 - USINGで実行されるアクション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

USINGでは、次に示すように、クライアント システムからデータをインポートします。

  1. BTEQなどのクライアント ユーティリティを使用して指定する必要があるそれぞれの値は、ディスク ファイルなど、クライアント システムにあるデータ ソースから取り出されます。

    たとえば、BTEQを使用して修飾されたUSINGリクエストを実行する場合、リクエストの前に次のようなBTEQコマンドを記述する必要があります。

         .IMPORT DATA FILE=c:\temp\t1

    .IMPORTコマンドの詳細について、<Basic Teradata® Queryリファレンス、B035-2414>を参照してください。

  2. それらの値は、リクエストの文脈に沿うメッセージ パーセルとして、Teradata Databaseに渡されます反復リクエストでは1つのリクエストの文脈で複数のデータ パーセルをパックできます。
  3. 修飾されたSQLリクエストが処理される際、各パラメータ名は特定の値に置き換えられます。
次に示すいずれかのSQL文の前にUSINGリクエスト修飾子を加えることで、クライアント システムからデータをインポートできます。
  • DELETE
  • INSERT
  • MERGE
  • SELECT
  • UPDATE

クライアントにTeradata Databaseのデータをエクスポートする場合のプロセスは、基本的にはデータのインポートに使用したプロセスの逆になります。

クライアント システムにデータをエクスポートするには、BTEQなどのクライアント ユーティリティを使用して、BTEQ .EXPORTコマンドを指定します。次に、Teradata Databaseからエクスポートするデータを取得するためのSELECTリクエストの前に、適切に指定したUSINGリクエスト修飾子を追加します。

.EXPORTコマンドの詳細は、<Basic Teradata® Queryリファレンス、B035-2414>を参照してください。