16.20 - Subqueryオプション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
column_name
挿入操作で新しい行の値が挿入される列の名前です。
column_nameは、任意の順序で指定できます。
column_nameを省略した場合、CREATE TABLEまたはCREATE VIEWリクエストで定義したデフォルト値が使用されます。
派生PERIOD列名を指定することはできません。
派生PERIOD列の開始列と終了列は独自に更新できます。終了列の値は派生PERIOD列の開始列の値よりも大きい値である必要があります。
subquery
挿入される行は、クエリー指定によってアクセスされる列値で構成されます。
列名のリストが省略されている場合、SELECTリクエストは、新しい行を受け取るテーブルにある列数と同じ数の列を問合わせなければなりません。
値を代入しない列のために、nullを選択の式リストに指定できます。
INSERT ... SELECTリクエストに含まれるサブクエリーの一部として、ORDER BY句を指定することはできません。
INSERT操作に列名のリストが組み込まれている場合、column_nameの位置と、選択のexpressionリスト内での項目の位置とを一致させることにより、値が代入されます。
HASH BY hash_list
hash_listに基づいて、AMP間のNoPIテーブルにハッシュ行が挿入されます。
HASH BY RANDOM
ランダムに一度に1ブロック、AMP間のNoPIテーブルにハッシュ行が挿入されます。
LOCAL ORDER BY order_list
順序行がAMPでローカルにテーブルに挿入されます。