16.20 - 例: ラージ オブジェクトのロケータ モード処理 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

最初の例は、ロケーターbを使用して、データをクライアントに転送しないで、既存のTeradataプラットフォームに常駐するBLOBを現行の基本テーブルの位置からmytableという名前の基本テーブルにコピーする方法を示します。

     USING (a INTEGER,
            b BLOB AS LOCATOR)
     INSERT INTO mytable VALUES (:a, :b);

2番目の例は、クライアントに返される、ロケータbによって識別されたBLOBデータを示します。

     .SET INDICDATA ON
     .EXPORT INDICDATA FILE=udbsales.dat

     USING (b BLOB AS LOCATOR)
     SELECT :b;

     .EXPORT RESET