16.20 - CALL - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

SQLプロシージャまたは外部ストアド プロシージャを呼び出します。

必要な権限

プロシージャまたは格納しているデータベースまたはユーザーに対するEXECUTE PROCEDURE権限が必要です。

呼び出したプロシージャが参照しているデータベース オブジェクトに対する権限を必要としません。むしろ、呼び出したプロシージャの直接所有者について、権限がチェックされます。

直接所有者は、参照先のオブジェクトに対して、WITH GRANT OPTIONによる権限を必要とします。所有者がその権限を持っていてはじめて、他のユーザーは、そのオブジェクトにアクセスすることが可能になります。

詳細については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語 - 詳細トピック、B035-1184>と<Teradata Vantage™ - データベースの管理、B035-1093>を参照してください。

自動的に与えられる権限

SQLJ.Install_Jarプロシージャを呼び出して、Java外部ストアド プロシージャを実装しているクラスの入ったJARファイルをインストールする場合、DROP PROCEDURE権限が自動的にJARファイルの作成者(つまり、SQLJ.Install_Jarの呼び出し側)に付与されます。

構文



構文要素

database_name
user_name
実行するSQLプロシージャまたは外部プロシージャの任意指定の識別子。
database_nameを指定しない場合は、現在のデフォルトのデータベースが使用されます。
procedure_name
実行するSQLプロシージャまたは外部プロシージャの名前。
value_expression
サポートされる算術式と文字列式。
値式として、以下のものを指定できます。ただし、クライアント固有の制約が適用されます。
  • SQLプロシージャのローカル変数
  • SQLプロシージャのステータス変数
  • INまたはINOUTパラメータ
  • FORループ列および別名
  • ホスト変数およびマクロ パラメータ
  • FORMAT、TITLE、NAMED句
  • スカラーUDF
  • スカラー サブクエリー
クライアント固有のルールについては、埋め込みSQLからプロシージャを呼び出すときのルールを参照してください。
?
呼び出しパラメータ引数。
入力呼び出し引数としての疑問符は、SQL DML、ODBCとJDBCのクライアント アプリケーションにおいてのみ有効です。
out_call_variable
コロン(:)を先頭に付ける識別子。
呼び出しユーティリティによって、out_call_variableは次のいずれかになります。
  • ホスト変数
  • ローカル変数
  • INまたはINOUTパラメータ
out_call_placeholder
パラメータ名。
このプレースホルダーは、プレースホルダーの入れ子処理用(パラメータまたはCAST ... AS句)として使います。
parameter_name
SQLプロシージャで定義されているOUTパラメータの名前。
CAST … AS
パラメータまたは別のCAST句のデータ定義を必要な型に変換するためのリクエスト。CAST句は入れ子にできます。
FORMAT、NAMED、TITLE句は、CAST演算子と併用できます。
data_type
パラメータ セットのデータ定義。
<Teradata Vantage™データ タイプおよびリテラル、B035-1143>を参照してください。

ANSI準拠

CALLは、ANSI SQL:2011に準拠しています。