16.20 - SELECT AND CONSUME文のパフォーマンス特性 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
SELECT AND CONSUME文のパフォーマンスは、次のようになります。
  • USIが指定された基本テーブルから単一行を選択する場合と類似。
  • プライマリ インデックスを使用して基本テーブルから単一行を選択する場合よりもコストが高い。
SELECT AND CONSUME文が実行される場合にキュー テーブルに行がない場合、含まれるトランザクションは、次のいずれかが発生するまで遅延状態になります。
  • そのキュー テーブルに行が挿入される。
  • トランザクションは、以下の理由のいずれかの結果としてアボートします。
    • ABORT文などのユーザーによる直接的な介入
    • 問合わせテーブル上のDROP TABLE文など、ユーザーによる間接的な介入