16.20 - SAMPLE句 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

目的

行数を削減して、総行数の小数部リスト、またはSELECT問合わせからの行数リストとして指定された行の1つ以上の標本(サンプル)を返すことによって、処理を行ないます。

構文



構文要素

SAMPLE
このキーワードの後にSELECT文の行のサンプリングを許可する句を指定します。
WITH REPLACEMENT
個々のサンプリング(標本抽出)済みの行をテーブルに返して冗長サンプリングできるようにする方法、またはサンプリング済みの行を再サンプリングしないようにする方法のどちらでサンプリングを行なうかを指定します。
WITH REPLACEMENTを指定すると、テーブル中の行より多くの標本を要求できます。
置換えのないサンプリングがデフォルトです。WITH REPLACEMENTを指定しないと、暗黙に選択されます。
RANDOMIZED ALLOCATION
行のサンプリングが、AMP間でランダムに行なわれます。これを指定しない場合、行のサンプリングはAMP当たりの修飾行の数に比例して行なわれます(比例割り当て)。
比例割当てオプションの場合は、母集団全体の単純ランダム標本は備えられません。AMP別に層状になったランダム標本が備えられますが、特に大きな標本の場合この標本の方が高速になります。
比例がデフォルトです。RANDOMIZED ALLOCATIONを指定しないと、暗黙に選択されます。
fraction_description
Trueの検索条件用にサンプリングされる行のパーセントを指定する、閉鎖インターバル(0,1)内にある符号なしの浮動小数点定数の集合を指定します。
このカンマで区切られた小数点リストの合計は、1を超えません。
値の集合は、レポート用にサンプリングされる、search_conditionによって定義された同種のサブグループのパーセントを指定します。
小数の説明ごとに要求できるのは最大16サンプルです。
count_description
Trueの検索条件用にサンプリングされる行の数を指定する正整数定数リストの集合。
サンプリング リクエストを完全に満足させるために十分な行が結果にない場合は、警告メッセージが返されます。
カウントの説明ごとに要求できるのは最大16サンプルです。
WHEN
Trueの条件の集合をテストします。
search_condition
サンプル セット中の同種のサブグループを個々に定義する評価述部。
search_conditionが式で呼び出されて値式を返す場合は、スカラーUDFのみを指定できます。
検索条件にLOBを含む式は、最初に別のデータ型にキャストするか、または結果がLOBではない関数に渡さない限り、指定することはできません。例えば、BLOBをBYTEまたはVARBYTEにキャストしたり、CLOBをCHARACTERまたはVARCHARにキャストします。
検索条件に行レベル セキュリティ制約の値を指定すると、エンコード形式で表現しなければなりません。
THEN
指定されたサンプリングfraction_descriptionまたはcount_descriptionをサンプルに適用します。
ELSE
評価結果がTrueのWHEN条件述部にない場合に、指定されたfraction_descriptionまたはcount_descriptionをサンプリングに適用します。
END
WHEN … THEN … ELSE句の終了。

ANSI準拠

SAMPLE句は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。