16.20 - CHECKPOINTおよびTIME LIMITオプション - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

CHECKPOINTオプションと関連するRESTART INDEX ANALYSIS文の目的は、リクエストが予期せずにアボートした場合に最初から分析を再始動する必要がないことを保証するために、長時間実行中のINITIATE INDEX ANALYSIS文を保護することです。RESTART INDEX ANALYSISを参照してください。

TIMELIMITオプションでは、ユーザーは、インデックス分析に時間制限を設定できます。このオプションを指定する場合、制限時間内に見つかった最良の推奨事項を受け入れる必要があることに注意してください。

定義済みワークロードのサイズと複雑さにより、INITIATE INDEX ANALYSISリクエストで実行される処理では、リソースを大量に消費することがあります。候補インデックスの異なるセットで最適化ルーチンを繰り返し呼び出す処理では、パーシング エンジンのCPU使用率が高くなります。実働システムで、この文を使用しないでください。

INITIATE PARTITION ANALYSISとINITIATE INDEX ANALYSISは、関係のある文で、ワークロードを最初に検査してから、パフォーマンスを向上するための推奨事項を作成する点が同じです。対象のワークロードでこれらの文の一方を、または順序に関係なく両方を実行できます。