16.20 - SQLプロシージャおよび外部ストアド プロシージャの実行ルール - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1146-162K-JPN
Language
日本語 (日本)
SQLプロシージャおよび外部プロシージャを実行する場合は、以下のルールが当てはまります。
  • SQLプロシージャと外部プロシージャは、プラットフォーム固有のものです。あるプラットフォームで作成されたプロシージャは、そのプラットフォームでのみ実行できます。
  • CALLは、Teradataセッション モードまたはANSIセッション モードでのみ実行できます。

    Teradataセッション モードで作成したSQLプロシージャは、ANSIセッション モードで実行できませんし、その逆もまた不可能です。

    CALLを2PC (2フェーズ コミット)モードで実行できません。

  • さらに、CLIアプリケーションを使用する場合は、CALLを準備モードまたは実行モードで実行できます。
  • CALL文で、LOCKING修飾子は使用できません。
  • CALL文をマクロから実行できるのは、CALL文がマクロ内の唯一の文である場合に限られます。
  • 外部プロシージャにすることができるプロシージャのネスト呼び出しは1つのみです。残りはSQLプロシージャである必要があります。たとえば、外部プロシージャを呼び出すSQLプロシージャを、外部プロシージャから呼び出すことはできません。