16.20 - プロシージャ(外部形式)でのJSON型の使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ JSONデータ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

JSONデータ型の1つ以上のパラメータを含む外部ストアド プロシージャを作成できます。C、C++、およびJavaで記述されたプロシージャで、JSON型を使用してIN、OUT、およびINOUTのパラメータを定義できます。

JSONパラメータ型は、SQL access句(CONTAINS/READS/MODIFIES SQL)を含むルーチンと同様に、SQLにアクセスしない(NO SQL句)ルーチンで使用できます。

UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャが、JSONパラメータの値にアクセスして設定できるように、またはJSON型パラメータに関する情報を取得できるように、JSON FNC関数とJavaクラスおよびメソッドが提供されています。これらの関数およびメソッドの詳細については、<Teradata Vantage™ SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。