16.20 - 例: JSON型ローカル変数をともなうストアド プロシージャ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ JSONデータ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

次のストアド プロシージャには、ローカル変数、local1およびlocal2が含まれており、これらは最大の長さが100のJSON型です。local1変数は、NEW JSONコンストラクタ メソッドを使用して初期化されます。

CREATE PROCEDURE TestJSON_TDSP1 
		(IN id INTEGER, OUT outName VARCHAR(20))  
BEGIN
DECLARE local1 JSON(100) DEFAULT 
   NEW JSON('{"name":"Cameron", "age":24}');
DECLARE local2 JSON(100);
;
...
END;