17.10 - PERIOD(TIME WITH TIME ZONE)データ型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

2つの関連付けられた日付/時刻構成要素があるデータ型。

日付/時刻の構成要素 指定内容
beginning 期間の開始境界。
ending 期間の終了境界。

開始境界は包括的で、終了境界は排他的です。つまり、日付/時刻の範囲は開始境界から始まりますが、終了境界は含みません。

PERIOD(TIME[(n)] WITH TIME ZONE)列は、現在、TIME WITH TIME ZONE列のためにある方法と同じ方法で、UTC形式で開始境界と終了境界を記録します。

ANSI準拠

PERIODタイプは、ANSI SQL:2011規格に対するTeradataの拡張機能です。

構文

PERIOD(TIME [ ( fractional_seconds_precision ) ] WITH TIME ZONE )
  [ attribute [...] ]

構文要素

fractional_seconds_precision
SECONDフィールドの小数部の有効桁数を表わす1桁の数字。
fractional_seconds_precisionの値は、0~6の範囲になります。
デフォルトの精度は6です。
attributes
適切なデータ型、列記憶、または列制約属性。具体的な説明については、主なデータ型属性および記憶属性と制約属性を参照してください。
次のデータ型属性は、PERIOD(TIME WITH TIME ZONE)列でサポートされます。
  • NULLおよびNOT NULL
  • FORMAT '形式文字列'
  • TITLE
  • NAMED
  • DEFAULT NULL
  • デフォルト値
これらのデータ型の属性の詳細については、デフォルト値の制御句および データ型の形式および形式句を参照してください。
次のデータ型属性は、PERIOD(TIME WITH TIME ZONE)列ではサポートされません。
  • DEFAULT USER
  • DEFAULT DATE
  • DEFAULT TIME
  • DEFAULT CURRENT_DATE
  • DEFAULT CURRENT_TIME[(n)]
  • DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP[(n)]
  • UPPERCASEまたはUC
  • CASESPECIFICまたはCS
  • CHARACTER SET
  • WITH DEFAULT