17.10 - 例: DATEリテラルをPERIOD(TIMESTAMP(4))としてキャストする - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例では、DATEリテラルがPERIOD(TIMESTAMP(4))としてキャストされます。結果の開始境界は、DATEリテラルとゼロの時間部分で作成されます。結果の終了要素は、結果の開始境界にINTERVAL '0.0001' SECONDを加算したものに設定されます。

SELECT CAST(DATE '2005-02-03' AS PERIOD(TIMESTAMP(4)));

次のPERIOD(TIMESTAMP(4))値が返されます。

('2005-02-03 00:00:00.0000', '2005-02-03 00:00:00.0001')