17.10 - CARDINALITY - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

現在値が割り当てられているARRAYデータ型内の構成要素数を表わす整数、または、特定の適用範囲の参照内で初期化された構成要素数を返します。

CARDINALITYは、現在値が割り当てられているARRAY内の構成要素数を表わす整数値を返します。この数には、NULLの構成要素も含まれます。ARRAY値に割り当てられている構成要素の値の数が、定義されている最大サイズnより少ない場合があるので、CARDINALITY関数からnより小さい値が返る場合があります。

配列引数が空の(つまり、構成要素が割り当てられていない)場合、関数は0を返します。配列引数がNULLの場合は、CARDINALITYは結果としてNULLを返します。

初期化されていないいずれかの構成要素が、ARRAY入力引数のいずれかに指定したscope_referenceの範囲にある場合、通常、ARRAY関数はエラーを返しますが、CARDINALITY関数内に指定されたARRAY式の動作は異なります。ARRAY式がCARDINALITY関数に指定されている場合、初期化されていない構成要素が含まれている、明示的な適用範囲は入力として受け入れられます。

ANSI準拠

この文はANSI SQL:2011に準拠していますが、非ANSI Teradata拡張機能を含みます。