17.10 - INTERVALから文字へのTeradata変換構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

INTERVALから固定長CHARACTERへの変換

ターゲットのデータ型がCHAR(n)である場合、nは、文字列定数によって示された正規形式の値の長さと等しいかまたはそれよりも長くなければなりません。

nがその長さよりも長い場合には、正規表現を埋め込むために、後続の埋め込み文字が追加されます。

nが小さすぎる場合には、文字列切り捨てエラーが戻されます。

INTERVALからVARCHARへの変換

ターゲットのデータ型がVARCHAR(n)である場合、nは、可変文字列定数によって示された正規形式の値の長さと等しいかまたはそれよりも長くなければなりません。

nが小さすぎる場合には、文字列切り捨てエラーが戻されます。

構文

interval_expression (
  [ data_attribute [,...] ]
  character_data_type
  [, { data_attribute | CHARACTER SET server_character_set } [,...] ]
)

構文要素

interval_expression

変換するINTERVAL式。

data_attribute
以下のデータ属性のうちのいずれか1つ。
  • FORMAT
  • NAMED
  • TITLE
character_data_type

式の変換先のデータ型。

server_character_set

変換に使用するサーバー文字セット。CHARACTER SET句を省略した場合は、ユーザー デフォルトのサーバー文字セットが使用されます。