17.10 - 例: 連結された文字リテラルのキャスト - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の例では、2つの連結された文字リテラルがPERIOD(TIMESTAMP(2))としてキャストされます。出力は、表示時に現在のセッションのタイムゾーンに応じて調整されます。現在のセッションのタイムゾーン変位はINTERVAL -'08:00' HOUR TO MINUTEで、SDFに基づいて得られた書式が「YYYY-MM-DDBHH:MI:SS.S(2)Z」だとします。

SELECT CAST('(''2005-02-02 12:12:12.34+08:00'', ' ||
       '''2006-02-03 12:12:12.34+08:00'')'
       AS PERIOD(TIMESTAMP(2)));

次のPERIOD(TIMESTAMP(2))値が返されます。

('2005-02-01 20:12:12.34', '2006-02-02 20:12:12.34')