17.10 - 例: IntegerDate日付形式モード - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

例えば、セッションの日付形式がINTEGERDATEで、tdlocaledefユーティリティによってシステムのデフォルトのDATE書式が'yyyymmdd'に設定されているとします。

次のテーブルを考えてみましょう。このテーブルのstart_date列ではデフォルトのDATE書式を使用し、end_date列では書式'YYYY/MM/DD'を使用しています。

CREATE TABLE date_log
   (id INTEGER
   ,start_date DATE
   ,end_date DATE FORMAT 'YYYY/MM/DD');

次のINSERT文は、文字列が対応するDATE列の書式と一致するので目的どおりに機能し、SQL Engineは、文字からDATEへの暗黙の変換を正常に実行することができます。

INSERT INTO date_log (1099, '20030122', '2003/01/23');

対応するDATE列の書式と一致しない文字列を文字からDATEに変換するには、FORMAT句を使用する必要があります。

INSERT INTO date_log
   (1047
   ,CAST ('Jan 12, 2003' AS DATE FORMAT 'MMMBDD,BYYYY')
   ,CAST ('Jan 13, 2003' AS DATE FORMAT 'MMMBDD,BYYYY'));