17.10 - ARRAY_CONCATENATION_FUNCTION - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

1次元ARRAYデータ型を連結し、その配列の構成要素のサブセットに適用できます。

連結演算の結果は、2つの引数のデータ型と同じ型の新しい1-D ARRAY値です。このとき、expr1にあるすべての構成要素の後ろに、expr2にあるすべての構成要素が続きます。存在する構成要素には、NULL構成要素も含まれますが、初期化されていない状態にある構成要素は含まれません。

結果値と引数値が同じ1-D ARRAYタイプなので、最大サイズnも同じです。そのため、expr1expr2の連結の結果、構成要素数が定義済みの1-D ARRAYタイプの最大サイズnを超えると、操作はエラーでアボートします。

どちらかの引数がNULLの場合、操作の結果はNULLになります。

ARRAY連結関数は、多次元のARRAYデータ型と一緒には使用できません。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。