17.10 - 例: OEXTENDを使用して、構成されたARRAYの最後にNULL要素を入れる - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の例は、OEXTENDメソッドを使って、構成されたARRAYの最後にNULL構成要素を入れ、それらの構成要素が初期化されていない状態でなくなるようにする方法を示しています。これは、ARRAYを他のシステム関数や演算子の引数として使用できる場合に便利です。

CREATE TYPE myarray AS VARRAY(5) OF INTEGER;
CREATE TABLE mytab (id INTEGER, ary myarray);
/* Populate the first 3 elements. The last 2 elements are uninitialized. */
INSERT INTO mytab VALUES (1, NEW myarray(1,2,3));
/* Fill the last 2 elements with NULLs. */
UPDATE mytab
SET ary = ary.OEXTEND(2)
WHERE id = 1;
SELECT ary FROM mytab;

問合わせの結果を次に示します。

(1,2,3,NULL,NULL)