17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部表現

次の表は、Teradata SQL BLOBデータ型のクライアント表現をリストしています。

BLOB文字列の長さをkと定義します。ここで、0 ≤ k ≤ nです。

クライアントCPUアーキテクチャ クライアントの内部データ形式
IBMメインフレーム 8バイト(16ビットのSMALLINT)の長さカウントkとその後に続くkバイトのBYTEデータ。
  • UTS
  • RISC
  • Motorola 68000
  • WE 32000
  • Intel
8バイト(16ビットのSMALLINT)の長さカウントkとその後に続くkバイトのBYTEデータ。

制限

テーブルのLOB列の最大許容数は32です。

LOB列をインデックスの構成要素にすることはできません。この制約のために、少なくとも1つのLOB以外の列をテーブルに定義する必要があります。

キュー テーブルにはBLOB列を含めることができません。

BLOBを処理する関数

以下に、BLOB型をサポートするいくつかの関数および演算子を示します。
  • BYTES
  • 連結演算子(||)
  • SUBSTRING/SUBSTR
  • TYPE
  • 明示的なデータ型変換(CASTおよびTeradataの変換構文)
  • ユーザー定義関数(UDF)
  • ストアド プロシージャ
  • 外部ストアド プロシージャ