17.10 - 例: ソースの最小有効フィールドがターゲットよりも低い場合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

pは、PERIOD '(12:12:12.45, 13:12:12.67)'の値を持つテーブルtのPERIOD(TIME(2))列で、現在のセッションのタイムゾーン変位がINTERVAL -'08:00' HOUR TO MINUTEだとします。

以下の例では、PERIOD(TIME(2))列をPERIOD(TIME(6) WITH TIME ZONE)としてキャストします。時間部分は、対応する結果要素の精度が6になるように秒の小数桁の末尾にゼロを追加したソースから取得し、両方の結果のタイムゾーンには現在のセッションのタイムゾーン変位が設定されます。

SELECT CAST(p AS PERIOD(TIME(6)WITH TIME ZONE)) FROM t;

次の結果が返されます。

('12:12:12.450000-08:00', '13:12:12.670000-08:00')