17.10 - 日付リテラル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

式の中で日付値をANSI DATE形式で宣言します。

ANSI DATEリテラルは、日付定数として推奨される形式です。この形式は、すべての日付演算で受け入れられます。

構文

DATE 'string'

構文要素

string
次の形式の10文字の文字列を単一引用符で囲んだもの。
YYYY-MM-DD
  • YYYYは年を表わします。有効な範囲は、0001~9999です。4桁すべてを指定する必要があります。
  • MMは月を表わします。有効な範囲は、01~12です。必ず2桁で指定します。
  • DDは日を表わします。有効な範囲は、01~31です。グレゴリオ暦の定義で制約されます。必ず2桁で指定します。

使用上の注意

日付リテラルは、DATEという語と、それに続く文字列リテラルで構成されます。この文字列により、日付値が指定されます。

文字列リテラルの構成要素の年、月、および日は、ハイフンで区切る必要があります。

キーワードDATEに後続する場合を除いて、リテラル内にはスペース文字と復帰改行文字は使用できません。

データ型

DATE

例: 日付リテラル

次の例では、Classesテーブルから、1998年6月1日に開始されたすべてのクラスを選択します。

SELECT *
FROM CLASSES
WHERE startdate = DATE '1998-01-06';

関連情報

DATEデータ型の詳細は、DATEデータ型を参照してください。