17.10 - KANJI1文字セット フィールドの切り捨て[廃止] - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
Teradataの国際化計画に従って、KANJI1のサポートは保証外になりました。このサポートは、近い将来に廃止される予定です。KANJI1をデフォルトの文字セットとして使用することはできません。システムはデフォルトのKANJI1文字セットをUNICODE文字セットに変更します。KANJI1の新規オブジェクトの作成は、高度に制限されています。KANJI1を使用するクエリーやアプリケーションの多くは、従来通り動作しますが、KANJI1を使用するサイトはできるだけ早く別の文字セットに変換する必要があります。
次のクライアント文字セットのいずれかを使用すると、KANJI1サーバー文字セットを使った式内のマルチバイト文字の出力が切り捨てられる可能性があります。
  • KanjiEBCDIC
  • KanjiEUC
  • KanjiShift-JIS

ANSIモードでは、ブランク以外の文字が切り捨てられた場合には、エラーが発生します。

Teradataモードでは、システムは指定されたバイト数を戻しますが、切捨てが行なわれたかどうかは示されません。下の表に、16進数の返り値を示します。実際に表示される返り値は、使用しているシステムによって異なります。

文字 形式 16進数の戻り値 文字セット
B<AA> 'xx' C20E KanjiEBCDIC
B AA 'xx' 42A3 KanjiEUC