17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

形式は、文字、数値、バイト、日付/時刻、PERIOD、またはUDTの各データ型の列に対して指定できます。

FORMATは、BTEQの場合のように、レポート形式にエクスポートされたデータに関係します。FORMATは、データの内部記憶表現、またはレコードまたは標識変数モードで返されるデータの制御は行いません

FORMAT句をCREATE TABLE文またはALTER TABLE文で使用して、列の表示用の形式を定義できます。また、検索文で使用して、列のデフォルトの形式をオーバーライドしたり、式の表示用の形式を定義することもできます。これは、データ定義言語の句およびデータ操作言語の句の両方で同様に処理されます。

1つのFORMAT指定には、最大30文字まで含めることができます。

FORMAT句で記述できる最大桁数は、18です(FORMATがEを含む場合は17)。IEEEの64ビットの浮動小数点の精度は、およそ15桁です。

FORMAT句の結果として生成される出力文字列は、最大255文字です。

UDT列の形式を定義するためにFORMAT句を指定する場合、アプリケーションとサーバーの間の受け渡しを定義する変換によって指定された、UDTの外部型に対してその形式が有効でなければなりません。