17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

外部表現

クライアント アプリケーションは、Vantageと対話するときに、常にその文字セット(文字データ用の使用形式)を指示します。Vantageは、すべての文字データをその形式でクライアント アプリケーションに返します。

マルチバイト文字が関係しているときは、先行シフト アウトと後続のシフト イン文字を除く、長さが(n-2)/2のマルチバイト文字が常にその表現に示されます。

以下のテーブルは、CLOBデータ型のクライアント表現を示したものです。アプリケーション定義とクライアント データ型を判別するのは、アプリケーション プログラマの責任です。

BLOB文字列の長さをkと定義します。ここで、0 ≤ k ≤ nです。

クライアントCPUアーキテクチャ クライアントの内部データ形式
IBMメインフレーム 8バイト(最上位バイトが先行)の長さカウントkとその後に続くkバイトのEBCDIC文字データ。合計はk+8バイト。
  • UTS
  • RISC
  • Motorola 68000
  • WE 32000
8バイト(最上位バイトが先行)の長さカウントkとその後に続くkバイトのASCII文字データ。合計はk+8バイト。
Intel 8バイト(最下位バイトが先行)の長さカウントkとその後に続くkバイトのASCII文字データ。合計はk+8バイト。

制限

テーブルのLOB列の最大許容数は32です。

キュー テーブルにはCLOB列を含めることができません。

LOB列をインデックスの構成要素にすることはできません。この制約のために、少なくとも1つのLOB以外の列をテーブルに定義する必要があります。

CHARACTER SET句では、CLOB列に対して以下のサーバー文字セットを指定できます。
  • LATIN
  • UNICODE

CLOBを処理する関数

次に、いくつかの関数およびCLOB型をサポートする演算子を示します。
  • CHARACTERS/CHARS/CHAR
  • MCHARACTERS
  • CHARACTER_LENGTH
  • TRANSLATEとTRANSLATE_CHK
  • SUBSTRING/SUBSTR
  • 連結演算子(||)
  • TYPE
  • 明示的なデータ型変換(CASTおよびTeradataの変換構文)
  • ユーザー定義関数(UDF)
  • ストアド プロシージャ
  • 外部ストアド プロシージャ