17.10 - FORMATを入力として使用する - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

FORMATは、入力に使用することもできます。

例えば次の文では、2つの日付タイプ列があるテーブルtable_2を作成しています。

CREATE Table_2
  (f1 DATE FORMAT 'YY年MM月DD日',
   f2 DATE FORMAT '和暦YY年MM月DD日');

次のSQL文は有効です。

INSERT INTO Table_2 ('92年03月10日', '平成04年03月10日');

各元号(現行の元号を除く)は終了しており、入力の検証と考えられます。日付に対して元号の形式化を使用すると、明治より前(1867/1/9より前)は、実行時エラーとみなされます。

入力では通常、指定がない場合には、Vantageは年(現在の年)、月(現在の月)、および日(最初の日)にデフォルト値を割り当てます。