17.10 - FORMAT句の桁定義の数が少なすぎる場合 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
数値が必要とするよりも少ない文字位置を定義するFORMAT句は、次のようにデータを返します。
  • 整数部分が入りきれない場合、星印が表示されます。
  • 整数部分だけが収まる場合、小数点よりも右のすべての桁は、切り捨てられるか(整数値の場合)、丸められます(値が浮動小数点数、数、または10進数の場合)。

四捨五入は、次の表で説明されているように「近似値への概数」のモードに基づきます。

  1. 実際の結果をBとします。
  2. 表現できる近似値の両端をAとCとします。すなわち、A < B < Cとします。
  3. AまたはCのどちらを結果の表現とするかの判断は、次のようにして行なわれます。
    1. できるだけBにもっとも近い値を結果とします。
    2. AとCが等距離の場合(例えば、小数点以下がちょうど.5)、偶数の方を結果とします。