17.10 - TO_TIMESTAMP - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

string_exprまたはinteger_exprをTIMESTAMPデータ型に変換します。

TO_TIMESTAMPは戻り値のデータ型がTIMESTAMP(6)のオーバーロード スカラー関数です。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

構文

[TD_SYSFNLIB.] TO_TIMESTAMP ( { string_expr, format_arg | integer } )

構文要素

TD_SYSFNLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
string_expr

文字の引数。

変換に失敗すると、TO_TIMESTAMPはエラーを返します。

format_arg

文字式。

format_argは、string_exprの形式を指定する日付形式です。

有効なformat_arg値については、TO_DATEを参照してください。

指定された小数秒の6桁を超える部分は切り捨てられます。

format_argを省略した場合、TO_TIMESTAMPはデフォルトのタイムスタンプの書式YYYY-MM-DD HH24:MI:SS.FF6を使用します。

この構文要素がNULLの場合は、NULLが返されます。

この構文要素が無効な場合は、エラーが返されます。

integer_expr

数値の引数。

TO_TIMESTAMP関数では、integer_exprがこの関数に渡されると、POSIX紀元変換を暗黙的に行ないます。

POSIX紀元は、協定世界時(UTC)の1970年1月1日午前0時から経過した秒数です。