17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

ストレージ

PERIOD(DATE)フィールドは固定長のデータ型であり、2つの日付値として保存されます。

Element Type フィールド サイズ(バイト) 行の最大サイズ(バイト)
DATE 8 8

PERIOD(DATE)の外部表現

フィールド モードでは、SQL EngineはPERIOD(DATE)データを文字データとして戻します。

LはこのPERIODデータ型と関連付けられたフォーマット用にフォーマットされた文字列の最大長と仮定します。 結果の文字列は、期間値の式の開始境界と終了境界を表わす2つの文字列を含みます。それぞれの最大長はLであり、それぞれが単一引用符(')で囲まれ、カンマとスペース(, )で区切られ、左右の括弧[( )]で囲まれます。 したがって、結果の文字列の最大長は2*L+8になります。

これが、例えば、形式が月の正式名称を含み、境界に対する特定の月が7月(July)の場合には、実際の長さがKとした場合、その長さは2*L+8より小さくなります。

フィールド モード以外のモード(および入力データ)に対するPERIOD(DATE)の外部表現は、2つの連続した日付値から構成されています。各データの値は4バイトの、クライアント形式に変換された符号付き整数です。この整数は、DATEデータ型と同じ方法、例えば、(10000*(年-1900)) + (100*月) +日)で日付を表わします。

制限

プライマリ インデックス列またはパーティション列を、PERIODデータ型を含む列にすることはできません。