17.10 - ARRAY型の入力および出力パラメータ - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

パラメータとして、およびC、C++、またはJavaで記述されたUDFのための戻り型としてARRAY型を指定できます。これには、スカラーと集約UDF、テーブル関数、およびテーブル演算子が含まれます。

ARRAY型は、C、C++、またはJavaで記述されたストアド プロシージャおよび外部ストアド プロシージャのIN、INOUT、OUTパラメータとして使用できます。

CまたはC++で記述されたUDMのパラメータおよび戻り型としてARRAY型を指定できます。

ARRAY FNC、Javaクラスおよびメソッドは、UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャでARRAYへのアクセスやその内部の要素の値を設定できるように、またはARRAY型パラメータの情報を取得できるようにするために提供されています。これらの関数およびメソッドの詳細については、<Teradata Vantage™ - SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。