17.10 - 文字データ型の割り当てルール - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

サーバー文字セット

LATIN、UNICODE、KANJISJIS、KANJI1、およびGRAPHICのサーバー文字セットは、基本的に相互に割り当てが可能です。

式を文字列の列に割り当てるとします。その割り当ては、SQLのUPDATEまたはINSERT文の結果になるか、またはロード ユーティリティの割り当ての結果になります。

式は、文字の列のサーバー文字セットに変換されます。

GRAPHICデータの例外

GRAPHICデータには、以下の例外が適用されます。
  • GRAPHICデータをインポートして、そのデータを文字の列に割り当てる場合、その列をGRAPHICとして定義する必要があります。
  • GRAPHICではない文字データの場合、そのデータをGRAPHICとして定義されている列に割り当てることはできません。

    詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のUSING行記述子の説明を参照してください。

  • GRAPHIC以外のデータをBTEQまたはロード ユーティリティからGRAPHIC列に割り当てることはできません。

    詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ操作言語、B035-1146>のUSING行記述子の説明を参照してください。

  • ASCIIやEBCDICなどの1バイト文字セットからGRAPHICデータを割り当てたり、エクスポートすることはできません。