17.10 - VARIANT_TYPEデータ型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

パッケージ化に使用したり、異なるデータ型の異なる数のパラメータを単一のUDF入力パラメータとしてパッケージ化してUDFに渡すために使用できる入力パラメータのデータタイプです。

Vantageは、動的UDT(事前に割当てられたVARIANT_TYPEというUDTタイプ名のSTRUCTURED型UDT)をサポートしています。この動的UDTの、STRUCTURED型の属性の構成は、実行時に決定されます。

VARIANT_TYPE UDTは、UDF入力パラメータのデータ型としてのみ使用できます。UDF入力パラメータをVARIANT_TYPE宣言する場合、そのパラメータを使用して、異なるデータ型の異なる数のパラメータをUDFに渡すことができます。

追加のパラメータはパッケージ化され、単一のSTRUCTURED型UDTとしてUDFに渡されます。パラメータの数とパラメータのデータ型は実行時に決定されます。このため、ルーチンを呼び出すたびにパラメータの構成を変更できます。

VARIANT_TYPE UDTのインスタンスを宣言し、UDTの実行時の構成を定義するには、NEW VARIANT_TYPE式を使用します。詳細は、<Teradata Vantage™ - SQL関数、式、および述部、B035-1145>を参照してください。VARIANT_TYPEデータ型にするためのUDF入力パラメータの宣言の詳細は、<Teradata Vantage™ - SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>のCREATE FUNCTIONおよびREPLACE FUNCTIONを参照してください。

ANSI準拠

VARIANT_TYPEは、ANSI SQL規格に対するTeradataの拡張機能です。

構文

parameter_name VARIANT_TYPE

構文要素

parameter_name
UDFで宣言された入力パラメータの名前。