17.10 - INTERVAL MINUTE TO SECONDリテラル - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

式の中でINTERVAL MINUTE TO SECONDの値を宣言します。

結果の種類: INTERVAL MINUTE TO SECONDデータ型

ANSI準拠

INTERVAL MINUTE TO SECONDリテラルはANSI SQL:2011に一部準拠しています。

ANSI定義では、任意指定の符号を2つの単一引用符の内側に入れます。Teradataの実装では、符号を単一引用符の外側に出します。

構文

INTERVAL [ sign ] 'string' MINUTE TO SECOND

構文要素

sign
[オプション]負の間隔を指定するためのマイナス記号。デフォルトは正の間隔です。
この符号は、stringを囲む単一引用符の外側に出す必要があります。
string
分の数を表わす1~4桁の数字、1つのコロン、秒数を表わす2桁の数字を、この順に並べます。任意選択で、小数点、小数秒を表わす1~6桁の数字を続けて並べることもできます。小数秒を含める場合には、小数点が必要になります。スペース文字と復帰改行文字は、2つの単一引用符の内側には使用できません。
分数を表わす数字の場合、数字のみ構文解析されて数値に変換されます。例えば、'1.05'は'105'ととして扱われます。

例: INTERVAL MINUTE TO SECONDリテラル

次の例では、9分30秒の間隔を現在のシステム タイムスタンプから減算します。

SELECT CURRENT_TIMESTAMP - INTERVAL '9:30' MINUTE TO SECOND;

    (Current Timestamp(6)- 9:30)
--------------------------------
2004-04-01 17:40:19.610000+00:00

次のクエリーでは、小数点は無視され、結果は10分30秒の間隔になります。

SELECT INTERVAL '1.0:30' MINUTE TO SECOND;