17.10 - TO_CHAR(DateTime) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

date_timestamp_valueを文字列に変換します。

TO_CHAR(DateTime)は戻りデータ型がVARCHAR CHARACTER SET UNICODEのスカラー関数です。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

構文

[TD_SYSFNLIB.] TO_CHAR (
  date_timestamp_value [, format_arg ]
)

構文要素

TD_SYSFNLIB.
関数が格納されているデータベースの名前。
date_timestamp_value
日時または間隔の引数。
format_arg

文字式。

有効なformat_arg値については、TO_DATEを参照してください。

format_argは、数値を書式化するために使用されます。format_argが省略されると、numeric_exprは、その値の有効桁数を過不足なく保持できる長さの文字列に変換されます。

この構文要素が無効な場合は、エラーが返されます。

この構文要素がNULLの場合は、NULLが返されます。