17.10 - 使用上の注意 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

OLASTは、引数として配列式を取り、そのARRAYタイプに取り込まれた構成要素の最大の添字値を返します。これは、OLIMITメソッドから返される取り得る最大の添字値とは異なります。array_exprが1次元ARRAYタイプの場合、OLASTは符号なしINTEGER値を返します。array_exprが多次元ARRAYタイプの場合、OLASTは、添字情報も含めて、事前定義されたARRAYタイプArrayVecの新しいインスタンスを返します。配列が空の(配列のすべての構成要素が初期化されていない状態にある)場合、OLASTはNULLを返します。

array_exprがNULLの場合は、エラーが返されます。

OLASTメソッドは、1次元ARRAYタイプのOracle LASTメソッドと互換性があります。ただし、Teradata構文では空の括弧が必要とされる点は、Oracle構文とは異なります。