17.10 - サポートされるARRAY構成要素のデータ型 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - データ タイプおよびリテラル

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1143-171K-JPN
Language
日本語 (日本)
ARRAY構成要素のデータ型には、任意のTeradataデータ型を使用できます。ただし、次の例外があります。
  • BLOB
  • CLOB
  • LOB UDT (DISTINCT型およびSTRUCTURED型の両方)
  • 地理空間
  • TD_ANYTYPEまたはVARIANT_TYPEなどのパラメータ データ型
  • ARRAY

    ARRAYデータ型をARRAYタイプの要素型として指定することはできません。

次のHELP文を使用すると、ARRAYデータ型に有効なすべての構成要素データ型が一覧表示されます。

HELP 'array_data_type declarations';
Teradataの国際化計画に従って、今後、KANJI1サポートは推奨されず、近い将来に廃止されます。KANJI1をデフォルトの文字セットとして使用することはできません。システムはデフォルトのKANJI1文字セットをUNICODE文字セットに変更します。KANJI1の新規オブジェクトの作成は、高度に制限されています。KANJI1を使用するクエリーやアプリケーションの多くは、従来通り動作する可能性はありますが、KANJI1を使用するサイトはできるだけ早く別の文字セットに変換する必要があります。