17.10 - 使用上の注意 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

以下の表に、LOGON コマンドを使用する際に考慮する必要のある事項について説明します。

LOGONコマンド使用上の注意
対象 使用上の注意
コマンドの使用頻度と配置 FastExportユーティリティを呼び出すたびに、LOGONコマンドが必要です。

FastExportユーティリティを起動するたびに1つのLOGONコマンドを使用でき、RUN FILEコマンドおよびLOGTABLEコマンド以外のFastExportコマンドよりも先に指定しなければなりません。

ログオン パラメータ 標準LOGONでは、データベースで確立されたすべてのセッションでパラメータ (tdpidusernamepassword、およびacctid) が使用されます。LOGONコマンドは 1 回だけ実行できます。

シングル サインオンLOGONの場合、データベースへのゲートウェイがシングル サインオン(SSO)を使用するように設定されていて、Teradataのクライアント マシンにすでにログオンしている場合、LOGONコマンドではマシン名、ユーザー名、およびパスワードは必要ありません。有効なTeradataユーザーによるデータベースへのログオンが許可されるように、Teradataクライアント マシンにログオンした際に指定したユーザー名とパスワードがネットワーク・セキュリティを介してシングル サインオンに対して認証されます。SSOは、ゲートウェイがSSOだけを受け付けるように設定されている場合以外は、極力使用しないでください。

現在ログオンしているデータベース以外のデータベースに接続するには、LOGON コマンドにTDPidを含める必要があります。TDPidが指定されていない場合、clispb.datにデフォルトで含まれるものが使用されます。デフォルトの設定については、「Teradata® Call-Level Interface Version 2リファレンス - ワークステーション接続システム, B035-2418」を参照してください。

正しく解釈されるためには、TDPidとデータベースのユーザー名を区別できるように、 TDPidの後には分離記号のスラッシュ('/')が必要です。例えば、sluggerに接続するには、次のいずれか1つを入力します。

.LOGON slugger/;

.LOGON slugger/,,'acctinfo';

アカウントIDが使用されている場合、オプションのアカウントIDをLOGONコマンドで指定する必要があります。

LOGONおよびLOGTABLEコマンドの併用 LOGONコマンドおよびLOGTABLEコマンドの両方が必要です。

LOGONおよびLOGTABLEコマンドはどちらを先に指定しても構いませんが、必ず他のコマンド(ただしLOGONコマンドが記述されたファイルを指定するためのRUN FILEコマンドを除く)の前に指定します。

LOGONコマンドを最初に入力すると、FastExportは、LOGTABLEコマンドも必要であるという警告を表示します。

  • Teradata FastExportが最初にメインSQLセッションへの接続を試み、データベースがダウンすると、Teradata FastExportはエラーメッセージを表示して終了します。
  • Teradata FastExportが予備のSQLセッションまたはデータ セッションへの接続を試みたときにデータベースがダウンしていると、Teradata FastExportは16回まで接続を再試行します。それでもデータベースがダウンしたままの場合、Teradata FastExportはエラー メッセージを表示して終了します。