17.10 - IBM z/OS - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

IBM z/OSクライアント システム上で、ソース ファイルをコンパイルし連係して、INMODルーチン、OUTMODルーチン、または通知出口ルーチンのDDLを生成するためには、以下の構文を使用します。



次のような場合に当てはまります。

o
連係されているモジュールの出力を指定します。
"MVS.PDSE.LOAD(module_name)"
MVSデータ セット。Z/OS PDSE形式でなければなりません。module_nameは実行可能ロード モジュールの名前で、8文字に制限されています。
"//MVS.PDSE.C(source_name.c)"
MVSデータ セット。INMOD、OUTMOD、または通知出口ルーチンのソース ファイル。
W c,dll,expo
コンパイラ フェーズに渡され、すべての関数をエクスポートしたdllとしてソースをコンパイルするよう指示するオプション。
W l,dll
モジュールがdllとして連係されていることを表わす、連係編集フェーズに渡されたオプション。